Статьи из различных источников

November 11, 2009

Chunichi Shimbun
1/11/2011

愛知・安城の花柳界で活躍する西洋人芸妓一舞さん
(紙山直泰)

「唄や踊りは難しいですが、好きな仕事ができて幸せです」。百年の歴史がある愛知県安城市の花柳界で初めの西洋人の芸妓としてデビューして一余り。新年会のスケジュールはびっしりと埋まるほどの人気者だ。
東欧のウクライナ出身で、クラシックバレェや民族舞踊のをしていた。二〇〇三年に舞踊の仕事で一年間来日。公演で訪れた同市で芸妓として活躍した駒子さん(四五)出会い、華麗な舞にあこがれた。帰国後、日本文化に深く触りたいと思って〇七年に再来日。駒子さんに入門を申しまし出た。
最初に苦労したのは長時間の正座だった。身長一七二センチで脚が長く、慣れるまでに一年はかかったと言う。日本人と同じように見られたいと思い、一時は金髪を黒く染めることも教えたが、駒子さんから「個性を大切に」と諭され、思いとどまった。「日本舞踊に三味線と、芸を磨いて、外国人であるハンディははね返したい」。日本語を話すときは句点を意識し、分かりやすく、美しい言葉を心掛ける。
祖国にはお母さんが一人暮らす。「踊っている着物姿をいつか早く見せてあげたい」。安城市在住の三一歳。
愛知・安城の花柳界で活躍する西洋人芸妓一舞さん
(紙山直泰)

「唄や踊りは難しいですが、好きな仕事ができて幸せです」。百年の歴史がある愛知県安城市の花柳界で初めの西洋人の芸妓としてデビューして一余り。新年会のスケジュールはびっしりと埋まるほどの人気者だ。

東欧のウクライナ出身で、クラシックバレェや民族舞踊のをしていた。二〇〇三年に舞踊の仕事で一年間来日。公演で訪れた同市で芸妓として活躍した駒子さん(四五)出会い、華麗な舞にあこがれた。帰国後、日本文化に深く触りたいと思って〇七年に再来日。駒子さんに入門を申しまし出た。
最初に苦労したのは長時間の正座だった。身長一七二センチで脚が長く、慣れるまでに一年はかかったと言う。日本人と同じように見られたいと思い、一時は金髪を黒く染めることも教えたが、駒子さんから「個性を大切に」と諭され、思いとどまった。「日本舞踊に三味線と、芸を磨いて、外国人であるハンディをはね返したい」。日本語を話すと時は句読点を意識し、分かりやすく、美しい言葉を心掛ける。

祖国にはお母さんが一人暮らす。「踊っている着物姿をいつか早く見せてあげたい」。安城市在住の三一歳。

Pages: 1 2 3